出張買取で不要品を処分

ポストにリサイクルショップのチラシが入っていました。ちょうどいらない服とか家電があったので、これを機に処分することにしました。出張買取OKと書いていたので、電話をして休みの日に来てもらうことに。そして、休みの日に不要品を買取してもらったのですが、意外に量が多くて自分でもびっくりしました。こんなにいらないものが家にあったなんて驚きです。他に売るものがないか聞かれたので、読んでいない小説も売ることにしました。ついでに本をしまっているクローゼットの整理もしたかったしちょうど良かったです。色々なものを売りましたが、予想通りそんなに高い金額にはならなかったです。一番高かったのはブランドの時計です。これが5000円くらいでした。本は1冊50円くらいだったかな。
たいした金額にはなりませんでしたが、部屋がスッキリしたので良かったです。それにしても出張買取って便利ですよね。家にいながらにして、不用品を買い取ってくれるので助かります。わざわざ重たい荷物を持って、お店に行く必要がないので、いっぱい売りたいものがある時に便利です。また、売りたいものがたまってきたら利用しようと思っています。次売る時はもっと本を売る予定です。

お小遣いで小説を集めた思い出

小さな頃、お小遣いで小説を集めていました。子供のお小遣いなのでたかが知れています。でも、ちょっとのお金で少しずつ本が増えていく感じが嬉しかったです。今ではなかなか味わうことができない感覚です。今は働いているので欲しい本があった場合、買おうと思えばいつでも買うことができます。昔とは全く違う環境です。子供の頃の方がもっと悩んで小説を買っていたような気がします。だから、イメージと違うものを買った時のショックは大きかったです。「せっかくお小遣いで買ったのに」としばらく落ち込んだのを覚えています。当時はショックの方が大きかったですが、今となってはいい思い出です。
友達の子供もお小遣いでコツコツ小説を集めているそうです。この前、友達の家に遊びに行ったら、集めた本を見せてくれました。あの年にしては、かなり持っている方だと思います。多分、私の小さい頃よりもあるんじゃないかな?1ヶ月のお小遣いは1000円みたいなので、もっと増やして欲しいと友達に文句を言っていたのが可愛かったです。それでも1000円あればけっこう買えますよね。新品だと厳しいけど古本屋に行けばそれなりに買えます。100円のものなら10冊買えてしまいます。まぁ、新刊を買いたい気持ちも分かるけどね。

コンビニに行けばすべてが揃う

最近、改めてコンビニの存在の大きさに気付かされました。この前、旅行中にメイク用品を入れ忘れたことに気付きました。友達から借りるのもちょっとなぁって思ったので、どうしようかなって考えていました。「お店で買えばいいのでは?」と思うかもしれませんが、行き先が本当に何もないところだったので、現地で調達するのは難しいです。しかし、幸いなことに途中でコンビニを見かけました。コンビニに入るとちゃんとメイク用品が売っていました!この時ほどコンビニに感謝したことはなかったです。危なくノーメイクで過ごすところでした。女性ばかりなのでそれでも良かったですが、さすがにちょっとね。ついでに暇つぶし用の雑誌と小説も買えたし良かったです。
旅行は予想以上に楽しかったです。何よりも宿泊した旅館の料理が最高でした。山の幸と海の幸の両方を堪能できて、旅行を満喫できました。おかげで、日頃のストレスも解消されて、心もスッキリです。ただ失敗したことがひとつあります。それは旅館にせっかく買った小説を置いてきてしまったことです。家に帰ってきてから気づいたので、万事休すです。さすがに取りに行くには遠すぎるし、わざわざ小説一冊のためだけに時間とお金を使うのもね。

便利な100均アイテムたち

本屋の帰りにボールペンが欲しかったので100円ショップに立ち寄りました。ボールペンだけ買って帰ろうと思っていたのですが、予想外に居座ってしまいました。ちょっと見ない間に新商品がたくさん出ていました。今の時代って本当にすごいですよね。100円で色々な便利アイテムが買えてしまいます。そして、思わず買ってしまったものがいくつかあります。たとえば、トマトスライスホルダーです。トマトを均等に切るのって難しいですよね。それがトマトスライスホルダーを使うと簡単に均等に切れます。使い方も早速重宝しています。サラダを作る時に便利ですよ。クリップになるコーヒーのスプーンも買っちゃいました。スプーンとしても使えるし、空けた袋を閉じるクリップとしても使える便利グッズです!これは買って良かったです。
スマートフォンスタンドも100円で売っていました!小説を読んだり、料理のレシピを見る時に便利です。色々な使い方ができるので、100円で本当にいいの?って感じです。また、毛玉とり器も思わず買ってしまった100均アイテムです。威力はなかなかあります。ちゃんと毛玉が取れるので冬場は重宝しそうです。色々なものを買って帰りましたが、肝心のボールペンを買い忘れたあたりが自分らしいです。

作家さんはランニングをしている?

作家さんの中にはランニングをしている人もいるみたいですね。小説を書く人ってインドアのイメージがあるので、あまり運動しないと思っていましたが、けっこう体を動かしている人が多いそうです。ということで、ランニングにどのような効果があるのか調べてみました。例えば、走ることでリフレッシュできます!これが大きいのかもしれません。小説を書いていると煮詰まってしまって、書けなくなる時もあるでしょう。そんな時、ひとっ走りすれば、頭が整理されて新しい発想が浮かびやすくなります。これは執筆だけではなくて、どの作業にもいえるみたいですね。ちなみに走っている時と原稿を書いている時とでは、頭の働き方が変わります。だから、新しい発想も浮かびやすいそうです。物事を違う視点でとらえることができるので、みなさんも行き詰まったら走ってみるのもいいかも。
ランニングする場合、必ず用意したいのが靴です。私も持っていますが、ちゃんと専用の靴を買ったほうがいいです!ランニングシューズの方が足への負担が少ないので、同じ距離を走っても疲れにくいですし、怪我もしづらいです。あと絶対に飲み物を持って走ってください。脱水症状を起こしたら大変なので、水分を摂りながらランニングしましょう。

通販で古本を買うコツ

安く古本を買いたいなら通販がおすすめです!お店に行って買うよりも安く買える可能性があります。特に最近出た本は狙い目ですよ!ビックリするような値段で買えてしまうことがあるので、読書好きの方は要チェックです。ただ、通販で購入する場合、ちょっとしたコツがあります。そのコツを知らないとお得感が薄れてしまいます。まず、徹底的に比較するようにしてください!これはとても重要です。安く購入したいなら色々なネットショップやオークションサイトを覗いてください。300円で安い!と思っても200円や100円で売っている場合もあるので時間をかけて探してみましょう。地道に探せる人ほど得をします。そして、状態にこだわるなら個人からよりもショップから買った方がいいかもしれません。ちゃんとしたショップであれば、きちんと手入れをしてから販売しています。個人だとそのまま販売していることが多いです。
また、もうひとつ注目したいのが送料です!これは非常に重要です。送料が高いといくら本が安くてももとを取れません。全く気にせずに買って、後から送料を見てビックリ!というケースもあるので注意してください。何冊以上、いくら以上買うと送料無料という場合もあるので、大量に買うならそういったお店で買った方がいいです。

本屋の新人さん

よく行く本屋さんのレジに「研修中」の名札をつけたお兄さんが立っていました。どうやら最近入った新人さんのようです。大学生風で爽やかなかんじ、しかし手馴れていない様子がとても初々しくて可愛いなと思いました(笑)
取り寄せてもらっていた本を取りにきたことを彼に告げると、一瞬考えて「ちょっと待ってくださいね!」とバックヤードに入っていきました。5分くらいして申し訳なさそうに「大変お待たせしましたあ」と戻ってきました。そうそう、それです、私が読みたかった文庫本の下巻。「カバーをお付けしますか?」と聞かれたので、お願いしますと答えました。これまた慣れていなかったらしく、他の店員さんよりも時間がかかってしまいましたが、一生懸命丁寧にやってくれたので、文句を言う気持ちには全くなりませんでした。お会計まですべて済ませた後に「時間がかかってしまい、ごめんなさい」と彼に頭を下げられました。そんなところも初々しく可愛かったので「全然大丈夫ですよ!頑張ってね」とエールを送ってあげました。なんだか親心のような、弟を応援するような目線で彼のことを見てしまいました。とても丁寧に仕事をする人なので、きっとすぐにベテランになってしまうでしょう。

思い出の動物園

昔、友人と一緒に山の動物園に行ったことを思い出しました。たまたま読んだ週刊誌に20周年の記事が載っていたので懐かしくなったのです。電車を乗り継ぎ、さらにロープウェイに乗って行く山の動物園は、特殊な立地であるにも関わらず、土日は家族連れで混みあい、平日も幼稚園児の遠足団体で賑わっていました。親しい友人と一緒に、ロープウェイに乗って初めて行ってみたのですが、辿りつくまでが遠足のようでした。何よりロープウェイからの素晴らしい眺望を見ることができて感動しました。
山を切り開いて作られた動物園なので、園内も坂道になっており、いちばん奥の猿山ゾーンに辿りつくまでに息切れをしてしまうほどです。軽い登山のようでした。疲れた大人二人の横を、小さい子どもたちがキャッキャ言いながら追い抜かして行ったのも良い思い出です(笑)園内はとても開放的で動物もたくさんおり、珍しい鳥類や爬虫類を展示しているスペースもありました。これは子どもも大人も1日中楽しめます。結局私たちはすべて周りきることができず、6割くらい見たところで断念しました。いつか、見逃してしまった4割を見に行きたいと思っていたのですが…。あの動物園が変わらず愛されているのだと知り、ちょっと安心しました。

写真のメッセージ

先日、友達に連れられてとある写真家の個展に行ってきました。友人はその写真家のファンらしく、数年前から展示のたびに見に行っているのだそうです。何を撮っている人なのかと調べてみれば、世界中の植物を中心に撮影を行っている人みたいで、インターネットで検索すると素敵な画像がたくさん出てきました。
ただ単純に草木や花を撮っているのではなく、その地の建物や人々の姿、動物なども一緒に写し、見ている人をまるでその地に引き込んでしまうかのような印象を受けました。展示会場では、これまでの有名作品に加えて新しいものも飾られていたようで、ファンたちは釘づけで見ていました。私はファンというほど彼のことを知らなかったのですが、その素晴らしい写真たちを見てフォトブックが欲しくなってしまいました。カラフルで華やかな一枚もあれば、ひっそりと咲く一輪の花と教会の姿を画面に収めた寂しげな一枚もあり、表現の幅が広い人なのだなあと思いました。人も大満足だったようで、フォトブックを買って会場を後にしました。こんなにまじまじと写真を見る機会もなかったので、新鮮な気持ちになりました。本のように文章で語るものではないですが、画面を通して確かにメッセージを受け取った気がします。

自由業のスタイル

私の友人には、いわゆる「ノマド」がいます。パソコン一台持っていれば、世界中どこに行っても仕事ができる人です。決まった時間に出勤し、決まった仕事をこなし、決まった時間に退社をするという生活をしている人が日本人の大半ですが、彼のようにフリーランスと呼ばれている人も少なからず存在するのですね。好きなスタイルで仕事ができるというのは夢のような話ですが、彼いはく「現実は厳しい」のだそうです。それは、安定のなさ。仕事はすべて自分で見つけて来なければいけなしし、仕事が見つけられなければもちろん食べていけません。まるで野生のライオンみたいなんだよと自分のことを例えて話していました。
彼が好きな仕事環境は、カフェだそうです。特にいちばん落ち着くのはブックカフェだそうで、その理由は周りに本があるからヒントを得られるような安心感があるとのことでした。なるほど、ブックカフェをそういう用途で利用している人もいるのですね。あとは、集中してやりたい時は図書館でストイックに作業をするときもあるし、今後は離島に行ったりして一か月間みっちり仕事をしたいんだーと話していました。私が想像する以上に大変なことはあると思いますが、やはり自由に働けるって素敵だなあと思いました。